自動車

EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 試されるイーロン・マスク流「吸収」の極意

2020年9月21日(月)11時50分

    全てを自前で改善する

    マスク氏は2004年、生まれて間もないテスラの経営権を握って以来ずっと、提携や買収、人材スカウトを通じて技術を十分に吸収し、自家薬籠中のものとしてきたと同社の戦略に詳しい関係者は証言する。

    テスラの狙いはフォード・モーターが1920年代に導入した原料から完成車までの一貫生産態勢、つまり垂直統合型企業のデジタル版だ、という。

    テスラのサプライチェーン担当幹部だったトム・ウェスナー氏は「イーロンはサプライヤーがやってきたこと全てを改善できると考えていた。文字通り全部だ。彼は逐一自前で製造したがっていた」と指摘する。

    そうしたマスク氏の戦略にとっては、EVのコストの大部分を占めるバッテリーが中心的な存在になる。部下らはバッテリーセルの自社生産に何年も反対してきたのだが、マスク氏はなおも追求し続けている。

    提携関係は曲折の歴史

    テスラのある元役員の話では、マスク氏は2011年に社内のチームに自前でのバッテリー生産検討を指示。結局は13年になってパナソニックとの間で、ネバダ州の合弁工場「ギガファクトリー1」での生産協定を結び、パナソニックは最近、同工場の生産ライン拡張計画を打ち出した。

    ところが今になって、テスラはフリーモントで試験的にバッテリーセル製造ラインを稼働させ、ベルリン近郊に本格的なセル製造施設を建設しようとしている。

    テスラのこうした提携先との関係の曲折は、パナソニックだけの話ではない。例えば早くからテスラに出資していたダイムラーとの協力を進める中で、マスク氏は自動車の走行レーン維持に使われるセンサー類に興味を抱いた。

    テスラの「モデルS」の改装を手助けしたのはメルセデス・ベンツのエンジニアだ。しかし、この時点では、モデルSは、メルセデスの「Sクラス」にあるようなカメラや精密な運転支援センサー、ソフトウエアは装備していなかった。

    ダイムラーのある幹部エンジニアは「マスク氏はこれらの技術を学び取り、さらに先に進んだ。われわれは我が社のエンジニア連中に、月を狙え(野心的な目標を立てろ)と言い聞かせているが、彼は一挙に火星まで行ってしまった」と驚きをあらわにした。

    一方、やはり出資者だったトヨタ自動車<7203.T>はマスク氏に、品質管理のノウハウを伝授。最終的にはダイムラーとトヨタの何人かの幹部がテスラに合流し、アルファベット子会社グーグルやアップル、アマゾン、マイクロソフト、あるいはライバルのフォードやBMW、アウディなどから集められた人材とともに、重要な役割を担っている。

    本誌紹介

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    本誌 最新号

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

    2021年7月27日号  7/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 2

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 5

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 6

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 7

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 8

      人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

    • 9

      マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

    • 10

      東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 4

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 5

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 6

      経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

    • 7

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 8

      BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

    • 9

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 10

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

    • 4

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 5

      「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

    • 6

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 7

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 8

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 9

      ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

    • 10

      テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】熱帯化するイタリアの田園