Newsweek

対談

50代の「オジサン」がAI時代を生き抜くにはどうすべきか?

2018年5月11日(金)16時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    『ポスト新産業革命』の著者で経済評論家の加谷珪一氏(左)と、『AI vs.教科書が読めない子どもたち』の著者で数学者の新井紀子氏 Newsweek Japan

    <教科書が読めない子供たちの未来を憂慮する数学者・新井紀子氏と、「人口減少」時代という視点から近未来の社会や仕事について考える経済評論家・加谷珪一氏が対談。AI時代に求められる人材とは?>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

    • 6

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 7

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 8

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 3

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 4

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 5

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

    • 10

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 3

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 7

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい