Newsweek

トレーニング

全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

2018年11月5日(月)20時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    写真はイメージです。 Satyrenko-iStock.

    <ジム通いのみならず、プロテインやステロイドも「すべて不要」と言い切る話題の『プリズナートレーニング』。「著者が元懲役囚」「300ページ超」「(それなのに)初心者でも取り組みやすい」という、異色の筋トレ本だ>

    アメリカといえばファストフードばかりで、アメリカ人は太っている人が多い――そんなイメージを持っている人がいるかもしれない。

    だが現実には、アメリカ人の体格は二極化していると言える。成人の約40%がボディー・マス・インデックス(BMI)で「肥満」に分類されるほどの「肥満体国」であることは事実だが、経営層やホワイトカラーの間では体を鍛えている人が少なくない。肥満は自己管理ができない証拠とばかりに、採用や出世においてマイナス評価になるとされているのだ。

    「デキるビジネスパーソンほど体を鍛える」――そんな「アメリカンスタンダード」が今、日本に到来している。サントリーホールディングスの新浪剛史社長やGMOインターネットの熊谷正寿会長兼社長など、トレーニングしていることを公言する経営者や起業家が増加中だ。

    経営層だけではない。「筋トレ」はもはや一大ブーム。スポーツジムが有名人を使ったテレビCMをバンバン流し、NHKで放送された筋トレ番組がネットでバズる。書店に行けば、「筋トレ本」が数多く並んでいる。

    ブームの一角を担うのが、いわゆる「自重トレーニング」の広がりだ。器具を使わず、自分の体の重みだけを使って鍛える方法である。筋トレをしたいがジムに通うのはお金が掛かると敬遠する人もいるし、ジムに通っている人も、出張時など道具なしでトレーニングしたい場合がある。そして「自重こそが真の筋トレだ」という信念の人も。

    そんな人たちに絶大な人気を集めている本がある。ジム通い、器具を使ったトレーニングのみならず、プロテインからトレーニング用サプリメント、ステロイド(筋肉増強剤)に至るまで、すべて不要だと言い切って全米ベストセラーとなった『Convict Conditioning』だ。

    2017年7月に刊行された邦訳版『プリズナートレーニング』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)も話題を呼び、版を重ねて現在10刷。アマゾンで200以上のレビューが付いて、平均4.3の高い評価を得ている。

    【参考記事】ジム通いもプロテインも不要な「塀の中の筋トレ法」が日本上陸

    著者のポール・ウェイドは元懲役囚だ。ヘロイン密売の罪で投獄されて20年以上を刑務所で過ごし、そこで自重トレーニングの師匠――70歳近い元SEALs(米海軍特殊部隊)隊員の終身刑囚だ――に出会った。鋼のような肉体をつくり上げて過酷な獄中生活を生き抜くと、釈放後、自重トレーニングの伝道師に。まさに「塀の中の筋トレ法」である。それだけでも大多数の「筋トレ本」と一線を画している。

    その内容も、「筋トレ本」としては異色かもしれない。『プリズナートレーニング』も、その続編となる『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』(2018年4月刊行、山田雅久訳、CCCメディアハウス)も、共に300ページを超えるボリュームがあり、あらん限りのポール・ウェイド流「筋トレ哲学」が文字でつづられているのだ(もちろん、トレーニングの写真も豊富だが)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 2

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 3

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気づかない!?

    • 4

      習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

    • 5

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

    • 6

      カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

    • 7

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 8

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 9

      自殺した人の脳に共通する特徴とは

    • 10

      ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 8

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 9

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年