Newsweek

株の基礎知識

債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

2019年11月12日(火)18時35分
山下耕太郎 ※株の窓口より転載

    PashaIgnatov-iStock.

    <マイナス金利なのに、国債など債券の価格が上昇しているのはなぜか。そもそも「債券」は株よりもリスクが低く安全性が高いと言われる金融商品だが...>

    債券市場が株価に与える影響を知る

    世界中の債券市場で、長期金利の低下が続いています。アメリカでは長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」が発生。日本やドイツの10年国債の利回りもマイナスで、世界の債券の4分の1がマイナス金利という事態になっています。

    長期金利とは、償還期間が長い債券の金利をいいます。これが低下するということは、債券価格が上昇することを意味します。現在は「債券バブル」ともいわれる状況となっていますが、そうした債券市場の動向は、株式市場にどのような影響を与えるのでしょうか。

    ■そもそも「債券」とは

    債券とは、国・地方自治体や企業が投資家からお金を借り入れる目的で発行される有価証券です。このうち国が発行する債券を「国債」、企業が発行する債券を「社債」といいます。満期まで保有し続ければ額面金額が戻ってくるほか(これを「償還」といいます)、保有している間は利子も得られます。

    いつ・いくら戻ってくるかがあらかじめ設定されていることから、債券は株式と比べてリスクの低い金融資産といわれています。国や地方自治体が発行していることも、より安全性が高いとされる要素です(もちろん、企業に限らず国・地方自治体であっても、破綻するリスクはゼロではありません)。

    ■金利と債券と株価の関係

    満期が設定されている債券ですが、途中で売却することも可能です。その価格は、株式と同じように日々変動していますが、通常、金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が低下すると債券価格は上昇します。

    たとえば、年利3%の債券を購入したとします。その後、金利が4%に上がれば、新たに発行される債券の年利は4%になります。すると年利3%の債券の魅力が薄れ、価格が下がるのです。反対に金利が2%に下がれば、年利3%の債券は投資対象として魅力的になり、価格が上がることになります。

    金利上昇↑ − 債券下落↓
    金利下落↓ − 債券上昇↑

    金利が上昇するのは景気が回復する局面であるため、企業業績の回復への期待から、株価は上昇する傾向にあります。一方、金利が下がるのは景気後退局面なので、株価は下落します。

    金利上昇↑ − 株価上昇↑
    金利下落↓ − 株価下落↓

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 2

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

    • 3

      人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

    • 4

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 5

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 6

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 7

      イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

    • 8

      元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

    • 9

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 10

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 1

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 7

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 8

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 9

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 10

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常