会話術

「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を変えた話し方の科学

2021年5月13日(木)18時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
    メンタリストDaiGo

    撮影:河内 彩

    <360万人ものフォロワーを持つ、メンタリストDaiGo氏。実は会話にコンプレックスを抱え、取材で「雑談しないで」と言ったこともあるという。それを変えたのは、科学の力。古今東西の研究から導き出した、誰もが再現できる「最強の話し方」だった>

    コロナ禍ですっかりテレワークが定着し、自宅でひとり黙々と仕事をこなす日々に慣れた人も多いだろう。

    同僚とのさりげない会話や雑談がなくなったことを寂しく思う人がいる一方で、話すことに苦手意識を持っていた人であれば、今の状況を歓迎しているかもしれない。

    しかし、オンライン会議など非対面のコミュニケーションが増えるほどに、その場の空気や会話の流れだけに頼らない、地力としての「トーク力」が試されるようになったと感じている人も多いのではないだろうか。

    そんな人にとって大きな宝となるかもしれないのが、『超トーク力 心を操る話し方の科学』(CCCメディアハウス)だ。著者は、「iPhone 1台で360万人のフォロワー」を手に入れ、今では幅広い活動で各方面から注目を集めるメンタリストDaiGo氏だ。

    この本では、実は会話にコンプレックスを抱える少年だったというDaiGo氏を、数百万人が聞き入る屈指の話し手に変貌させた「科学的話し方」が惜しみなく明かされている。

    「話し方」は人生に関わるのに、誰も教えてくれない

    YouTubeのフォロワーは230万人。今年に入って話題が沸騰した音声SNSのClubhouseでも既に35万人を超えるフォロワーを獲得。さらに、自身が独自に動画配信を行うアプリ「Dラボ」にも20万人のフォロワーを抱えるDaiGo氏の仕事は、文字どおり「話すこと」だ(この他に、Twitterにも75万人のフォロワーがいる)。

    だが実は、「話すことが苦手だった」とDaiGo氏は言う。

    子供の頃からずっと「会話が得意ではない」というコンプレックスを持ち、特に「好きなことになると早口になり、周りの反応を置き去りにしてしまう空気の読めない話し方」に学生時代から悩まされてきたというのだ。


    「話し方」は、人生のあらゆる場面に否応なく関わってくるにもかかわらず、自分から勉強しようと思わないと誰も教えてくれない、不思議なスキルです。(4ページより)

    もともと無口で、人見知りで、雑談すらしたくないし、1~2回会ったくらいの相手との会話はなるべく避けたい、それがDaiGo氏の本心なのだ。

    そのため今でも、テレビ番組の収録や講演会などの際には、本番の声がかかるまで壁際にひっそりと立ち、ひとりで本を読んでいることが多いそうだ。

    今でこそ話すことを楽しめるようになったが、根底にあるコミュニケーションへの苦手意識は残っていると語るDaiGo氏。それを変えたのは、科学の力だった。

    話し方や伝え方に関するさまざまな論文や専門書を読み、自分なりに試行錯誤を重ねることで、少しずつスキルを磨いていった。

    本誌紹介

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    本誌 最新号

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

    2021年7月27日号  7/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 2

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 5

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 6

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 7

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 8

      人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

    • 9

      マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

    • 10

      東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 4

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 5

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 6

      経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

    • 7

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 8

      BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

    • 9

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 10

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

    • 4

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 5

      「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

    • 6

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 7

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 8

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 9

      ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

    • 10

      テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】熱帯化するイタリアの田園