Newsweek

BOOKS

日本人の美徳は罪悪感と報恩精神──とドイツ在住ライター

2018年10月31日(水)19時00分
印南敦史(作家、書評家)

    Newsweek Japan

    <ゆとり世代でドイツ生活4年半という著者による『日本人とドイツ人』が、ドイツから見た日本を描き出す>

    『日本人とドイツ人――比べてみたらどっちもどっち』(雨宮紫苑著、新潮新書)の著者は、ドイツ在住のフリーライター。現地での就職活動や大学生活に挫折し、気晴らしに始めたというブログが話題になったことから現職に落ち着いたという経緯の持ち主だ。


     大学在学中、ヨーロッパ=カッコイイというありがちな憧れと、「お兄ちゃんも留学してたからわたしも」という安易なノリ、さらには返済不要の奨学金つきということもあり、勢いで一年間ドイツ留学。そこでドイツをすっかり気に入り、わたしは大学を卒業した二〇一四年の九月にふたたび渡独した。気がつけば、ドイツ生活も合計四年半を超えている。(「はじめに」より)

    この記述だけを目にすれば、いかにも器用にドイツに溶け込んでいったように思えるかもしれない。しかし実際にそんなことはなく、生まれも育ちも日本であり、外国人の友だちもいなかった身として大きなカルチャーショックを受けたのだという。

    なにしろ価値観もライフスタイルも違う異国なのだから、それ自体は当然のことかもしれない。しかし重要視すべきは、そんな状況下で著者が自国である日本のことを見つめ直した点だ。

    ドイツのことを知りたいが故に、ドイツ人に対して社会や文化、政治についてあれこれ聞けば、驚くほど明確な答えが返ってくる。ところが彼らから「日本はどう?」と聞き返されると、答えられずに苦笑いすることしかできなかったというのである。

    これはおそらく著者だけでなく、海外経験もしくは外国人との交流を持たない日本人の多くに共通することではないだろうか? おそらく私にしたって、同じようなことになると思う。だからこそ、著者が感じたこと、思ったことの多くを、我がこととして受け止められたのだ。


     わたしは、一九九一年、SMAPがデビューした年に生まれたゆとり世代のひとりだ。秋篠宮眞子さまやプロゴルファーの石川遼選手、嗣永桃子(ももち)さんや前田敦子さんと同級生。そんなわたしは、現在ドイツに住みながら細々と文章を書いている。
     ドイツ生活を一言でまとめるとすれば、「期待のはるか下、想像のはるか上」といった感じだろうか。(「はじめに」より)

    書かれていることの大半は自身の体験談である。しかも「ドイツでの生活を体験した自分から見た日本」に関する記述が予想以上に多いので、読みながら何度か、「あれ、期待していたのはこういうことだったっけ?」と感じたのも事実だ。

    「日本人とドイツ人」というタイトルがつけられている以上、それは仕方がないことかもしれない。しかし「ドイツを知らない日本人」としては、どうしてもドイツに関することについて多くを期待してしまうわけである。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:嫌韓の心理学

    本誌 最新号

    特集:嫌韓の心理学

    日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

    2019年10月15日号  10/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

    • 4

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 5

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 6

      台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

    • 7

      台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

    • 10

      プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

    • 6

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 7

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 8

      ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

    • 9

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 10

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調