Newsweek

カルチャー

考えることがストレスになる人とワクワクできる人の決定的な違い

2021年4月4日(日)15時40分
齋藤 孝(明治大学文学部教授) *PRESIDENT Onlneからの転載
    明治大学教授の齋藤孝さん

    明治大学教授の齋藤孝さん(撮影=塚原孝顕)


    充実した人生を過ごすためには、どうすればいいのか。明治大学の齋藤孝教授は「仕事、家族、人間関係など、人生で直面する困難やハードルを乗り越えるには、『考える』ことが求められる。だからよい思考習慣を身につけることが重要だ」という――。

    ※本稿は、齋藤孝・中野信子・山口真由『人生の武器になる 「超」勉強力』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

    「思考中毒」になろう

    わたしはよく学生たちに、「君たちは将来、考えることがストレスになる人と、ワクワクして考える人にわかれるんだよ」と伝えています。

    仕事、家族、人間関係など、人がおよそ人生で直面する困難やハードルを乗り越えるには、まず「考える」ことが求められます。考えるのが習慣になっていない人は、なにか起こるたびにストレスが溜まり、やがて心身が疲れ果ててしまうでしょう。

    かたや、様々な種類の本を読んで、幅広く勉強をしてきた人は、思考習慣が身についています。どんなものごとに対してもワクワクしながら考え、挑戦できるのです。

    人の脳内で働く神経伝達物質のひとつに、βエンドルフィンがあります。友人と会話したり、美味しいものを食べたりして、快感を得たときに分泌されます。そして、もっともβエンドルフィンが分泌されるのが、困難を乗り越えてなにかを達成したときです。

    考えることが習慣になると、つねにチャレンジして困難を乗り越えることができ、どんどん気持ちよくなっていきます。

    エンドルフィンとは、「体内性モルヒネ」を意味する略称です。まさに、勉強をして「思考中毒」になると、一生ワクワクしながら生きることができるのです。

    考えたことを記録し、見返す

    運動習慣を身につけるのにも、ダイエットを続けるのにも、まず大切なのは現状の把握です。自分の状態を客観的に把握するからこそ、適切に課題に対処できるからです。

    そして、これは思考においても同じです。現状把握をしないまま、ただ「考えよう」と頑張っても、いつも同じものごとで繰り返し悩んだり、あいまいな思考を続けたりしがちになります。

    よい思考習慣を身につけるには、思考している内容と時間を書き出すことが有効です。

    多くの人は、スケジュール帳に「Aの件で打ち合わせ」「B社で商談」などと予定だけを書きますが、そのときに、予定の隣に「打ち合わせで決断するには?」「商談を成功させるには?」と、自分の思考の内容を記録するのです。

    そうすれば、スケジュール帳を開くだけで、思考の課題を目にすることになり、隙間時間などを活用しながら、つねに考えるきっかけをつくれます。

    また、思考した時間を記すと「なにをどこまで考えていたか」という軌跡もわかるので、すぐに思考を再開でき、ぐるぐる悩まずに考えが明晰になっていきます。

    こうして自分が考えたものごとを記録し、見返していれば、自然と思考習慣を身につけることができます。

    いったん思考習慣ができれば、仕事でも勉強でも、創造的なアイデアや解決策をどんどん出せるようになるでしょう。考えるのが苦にならないので、ストレスを溜めることもありません。ぜひ試してほしいテクニックです。

    本誌紹介

    特集:若返りの最新科学

    本誌 最新号

    特集:若返りの最新科学

    老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

    2021年5月25日号  5/18発売

    人気ランキング

    • 1

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 2

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

    • 3

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 4

      ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

    • 5

      NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

    • 6

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 7

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    • 8

      窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策…

    • 9

      アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

    • 10

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 1

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 2

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 3

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

    • 4

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 5

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

    • 6

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

    • 7

      【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

    • 8

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 9

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 10

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

    • 5

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 6

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 7

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 8

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 9

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像