Newsweek

トラベル

南アフリカでラグジュアリーな滞在とサファリを体験。

アンド・ビヨンド・ピンダ・フォレストロッジ クワズルナタル/南アフリカ

2016年12月14日(水)15時00分
せきねきょうこ ※madame FIGARO.jpより転載

    Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

     南アフリカでのサファリ体験で知ったこと。それは、人がどれほど頑張ろうとも絶対に立ち入れない野生の世界。動物の生命をかける弱肉強食の壮絶な生き様であり、理由もなく深い感動に包まれます。「アンド・ビヨンド・ピンダ・フォレストロッジ(&Beyond Phinda Forest Lodge)」滞在は、南アフリカの数あるサファリリゾートの中でも比較的ソフトな条件の環境にあり、一般的に子どもの滞在は禁止されていることが多い中、ピンダは6歳以上であれば可能です。とはいえ野生に接するにはいくつもの決まり事を守ることが第一で、実際のサファリでは緊張感もピリピリです。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファクトチェック文在寅

    本誌 最新号

    特集:ファクトチェック文在寅

    歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

    2019年7月30日号  7/23発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

    • 7

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…