Newsweek

水中ドローン

フィッシング専用ドローン PowerRay が釣りを変える!?

2017年1月20日(金)15時00分
geared (ギアード)

    <フィッシング専用の潜水ドローンが発表された。集魚効果もあるLEDライトや海中を探るソナーを内蔵。魚をおびきよせるアームがついて、スマホでリアルタイムに見ることもできる>

    集魚効果もあるLEDライトや海中を探るソナーを内蔵

     ラスベガスで開催された世界最大の家電テクノロジー見本市〈CES 2017〉で発表されたフィッシング専用の潜水ドローン PowerRay が、釣りの楽しみを変えるかもしれません。

     PowerRay は、本体に集魚効果もあるLEDライトや海中を探るソナー(音響探知機)を内蔵。船体後部には2基のスクリューを搭載し、水深約30mまで最大4時間の潜航が可能な潜水ドローン。本体内蔵の4Kカメラ映像を手元のスマートフォンなどでリアルタイムに見ることできます。

    powervision-powerray-0.jpgおびき寄せて釣ることができる。

    powervision-powerray-2.jpg4Kカメラで水中撮影できる。

     この PowerRay はただ水中の様子が見られるだけのドローンではありません。ユニークなのは、まるでチョウチンアンコウのようなその形状。アンコウが魚をおびき寄せるのに使う突起に似たアンテナ状のアームは、先端部分に釣り糸を取り付けられるようになっています。

     仕掛けをそのまま投入する代わりに、このドローンのアームに取り付けて、映像やソナーを確認しながら魚のいる方に仕掛けを走らせます。魚が餌に食いつくとアームから仕掛けが外れるので、あとは水上のボートから普通の釣りと同じように釣り上げればOK。しかも釣れる瞬間をモニターで確認することもできてしまいます。

    【参考記事】水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影

     想像力を働かせて、水中の見えない魚を釣るという釣り本来の楽しみを変えるアイテムとなりそうで、これが釣りとして楽しいかどうかは意見の分かれるところ。ただ、研究熱心な釣り人としては水中での魚の動きを確認しながらスキルを磨くことにもつながりそう。また、魚がいないのにむなしく釣り糸を垂れているという状況がなくなるだけでもメリットはありそうです。

     PowerRay は2017年2月から PowerVision 社のウェブサイトで予約受付が開始されますが、現在、価格は未発表です。


    執筆:Geared(Facebookページ)

    ○関連記事(ギアード)
    GoPro初のドローンKarmaと新シリーズHERO5を日本初披露

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 2

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

    • 3

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

    • 4

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 5

      「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

    • 6

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 7

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 8

      放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 5

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 6

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 7

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 8

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 9

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 10

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      韓国の自動車が危ない?

    • 7

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 10

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城