Newsweek

ブランド

名優たちの要望に応え続けて生まれた、出張族のための革小物

PR

2017年12月1日(金)17時30分
写真:宇田川 淳 スタイリング:小林伸崇 文:西田嘉孝

    広げたトロリー内、3つのコンパートメントと、コイン等をまとめられるファスナーポケットが3つ付いた大容量のトラベルケースは、パスポートやチケットも収納でき、財布としての使用も可能/¥54,000(税別)/サイズ:H12.5×W24× D1cm。右側には、キーチェーンが内蔵されている、旅先でマルチに活躍するミニポーチ/¥20,000(税別)/サイズ:H8×W14×D1.5cmと、カード類をすっきりとまとめられるアコーディオン式のカードケース/¥23,000(税別)/サイズ:H6×W10×D2.5cm。トロリーケースは、オールレザーのラグジュアリー感が漂う機内持ち込みサイズ/¥248,000(税別)/サイズ:H45×W35×D21cm


    <ビジネスパーソンの出張シーンを演出するイタリア老舗ブランド「セラピアン」のアイテム。そのこだわりと気遣いの秘密を解くカギは、90年以上にわたるブランドの歴史にあった>

    重要なクライアントとの商談やエグゼグティブとのミーティング――ビジネスパーソンにとって出張は、時として自らの価値を試す"勝負どころ"となる。であれば、バッグやトロリーはもちろんのこと、テンションの上がる小物も揃えておきたいところ。

    そこでおすすめしたいのが、1923年にミラノで創業した老舗ブランド「セラピアン」。同ブランドの代表作ともいえるエボリューションシリーズなら、バッグやトロリーと同じ上質なイタリアンレザーの、トラベルウォレットやマルチで使えるポーチ、タイケースまでを揃えることができる。

    どのアイテムにも共通する型押しオリジナルレザー「エボリューション」は、水濡れなどにも強く傷が付きにくい素材。ブランドの頭文字である「S」の彫刻が施されたペニーロゴや、高級車の内装で見られる手触りの良い人工スエードを使用した裏地など、細部のこだわりが高級感を演出する。

    serapianTU_171201-3b.jpg

    なめした上質な牛皮革に、きめ細かな粒子のような型押しが施されたセラピアンのオリジナルレザー「エボリューション」。傷や汚れに強い上、ややハリのあるレザーのため保形性に優れ、長く愛用できるイタリアメイドらしい高級レザーだ(提供:ウエニ貿易)

    国別に紙幣が管理できるほか、パスポートや旅券、スマートフォンなども収納できるトラベルウォレットや、鍵や小物類が収納できるマルチポーチやカードケースは、まさに旅先で重宝する必需品のアイテムだ。それらに加え、ネクタイをシワなく収納して運べるタイケースまでラインナップしているところが、セラピアンらしさと言える。

    上質な素材とデザイン、さらには心憎いまでのディテールへのこだわりと"出張族"への気遣い。そんなセラピアンらしさは、一体どこから生まれたのだろうか。

    イタリアに撮影に来たセレブたちが顧客になった

    1923年、創業者のステファノ・セラピアンが、イタリアンレザーの廃材を利用した小物の制作を始めたことがセラピアンのスタートとなる。1945年には、後に本社となるミラノの小さな自宅兼工房でバッグ工房として本格的に始動した。

    豊富な素材とカラーバリエーションによるオーダーメイドで、1つ1つを丁寧に作り上げる。そんなセラピアンのバッグは、瞬く間に上流階級のミラネーゼたちの間に広まり、40年代後半には早くも、英国王室の御用達バッグとして採用された。そして50年代から60年代にかけ、セラピアンはさらなる飛躍の時を迎える。

    serapianTU_171201-2.jpg

    創業地ミラノの工房。セラピアンでは今も、バッグ作りの全ての工程をイタリア国内で完結させる100%イタリアメイドを貫いている(提供:ウエニ貿易)

    当時、映画産業が盛んだったイタリアで起こったチネチッタブーム。映画撮影のためローマ郊外のチネチッタと呼ばれる巨大な映画撮影所を訪れた、フランク・シナトラやハンフリー・ボガード、さらにはオードリー・ヘップバーンといった名優たちが、こぞってミラノの工房を訪れてはセラピアンのバッグを買い求めたのである。

    以来、セラピアンの主要な顧客となった彼らハリウッドのセレブリティは、いわば世界中を飛び回るジェットセッターでもあった。上質なイタリアンレザーをはじめとする素材とデザイン、さらには世界中を共に旅するための機能といったセラピアンの伝統は、こうした本物を知る顧客たちの厳しいオーダーに応え続けるなかで磨き抜かれていったのだ。

    お問い合わせ

    問い合わせ先/ウエニ貿易 TEL:03-5815-5720
    http://serapian.jp

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

    • 5

      【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

    • 6

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 7

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 8

      変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

    • 9

      世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

    • 10

      「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」とい…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 10

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい