Newsweek

日本限定コレクション

ホリデーシーズンには、来年の鞄について考える

──TUMI(トゥミ)が日本限定コレクション「リミテッド エディション2018」を発売

PR

2018年11月9日(金)11時00分

    トゥミの日本限定コレクション「リミテッド エディション2018」 右上から、スリム・デラックス・ポートフォリオ、エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ、スリーウェイ・ブリーフ

    トゥミで、来年の鞄を考える

    間もなくホリデーシーズンの到来だ。この機会に、意義のある買い物を計画している向きも少なくないだろう。それなら、トゥミからの特別な提案には、耳を傾ける価値があるはずだ。

    トゥミはビジネス、トラベル、ライフスタイルのための、磨き抜かれた機能と信頼に足る耐久性、品位ある美意識を兼ね備えたバッグのラインナップで知られる、インターナショナルブランドだ。そんなトゥミが毎年ホリデーシーズンに、日本市場だけのリミテッド・エディションをリリースしていることをご存知だろうか。

    2018年のリミテッド・エディションには、トゥミを象徴するバリスティックナイロン素材を起用したAlphaコレクションから3つのモデル――「スリム・デラックス・ポートフォリオ」「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」「スリーウェイ・ブリーフ」が、ラインナップしている。リミテッド・エディション2018では、2002年に同ブランド初の日本限定モデルとしてリリースされた「リミテッド・エディション2002」のデザインをモチーフとして、各所が限定仕様に変更されているという。

    2002年のデザインの再現から進化

    たとえば、グリップ部分は、2002年当時のデザインをモチーフにして、ナイロンベルトにレザーをあしらった組み合わせが復活しており、機能主義的でタフでな印象を見る者に与える。コンパートメント内の内装が深紅のライニングになっているのも表地の黒いバリスティックナイロン素材とのコントラストが印象的だ。

    「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」と「スリーウェイ・ブリーフ」に関しては、本体フロントのデザインでも、2002年当時のデザインである「4つポケット」を採用している。このデザインでは、正面に向かって中央からやや右よりに縦のスリットが入ったように見えることで、視覚的なリズム感が生まれる。ミニマルに削ぎ落とされた現行モデルよりも、若干オールドスクールでタフな印象が演出され、「鞄好き」は心をくすぐられることだろう。

    「スリム・デラックス・ポートフォリオ」を含めて3モデルとも、フロントのロゴプレート、ファスナープラーなどのメタルパーツにヴィンテージのガンメタルカラーを採用しており、それもリミテッド・エディション2018の「敢えてやや無骨」な印象に貢献しているようだ。

    ちなみに、「LIMITED EDITION」の文字が入ったラゲージタグと、サイドに装着されたメタルプレートも、3モデルに共通したリミテッド・エディション2018だけの限定仕様だ。

    3モデルそれぞれの特徴

    さて、3モデルそれぞれの特徴もお伝えしておこう。

    「スリム・デラックス・ポートフォリオ」(H30.5 x W40.5 X D6.25cm 税抜43,000円/写真右上)は、コンパートメントがひとつだけのマチが薄いコンパクトなブリーフケースだ。とは言え、メインコンパートメントには、パッドで保護されたタブレット用ポケットやファスナーポケットを備えており、フロントのU字型ポケットにはオーガナイザーパネルを搭載、薄マチながらも高い機能性を確保している。荷物を最小化し、デジタルデバイスを駆使してスマートに働くスタイルなら、これが最適解のひとつになるだろう。

    「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」(H32 x W40.5 x D9cm 税抜60,000円/写真左)は、マチ拡張機能を持ったスケーラブルなブリーフケース。4つのフロントファスナーポケットには防水加工を施したポケットもあり、ペットボトルや濡れた傘の収納に役立つ。メインコンパートメントの前後には、素早くものの出し入れができるマグネット開閉式の収納スペースを備えている。状況によって収容能力が必要になる人には、このモデルの「マージン」が頼もしく思えるのではないか。

    「スリーウェイ・ブリーフ」(H30.5 x W42 x D15cm 税抜69,000円/写真右下)はブリーフケースとして以外に、バックパックとしても使えるモデル。客先に行くときはブリーフ、出張なら付属のショルダーストラップをつけて、など、臨機応変に活用したい。背面にはノートPCとタブレットを同時に収納できる専用コンパートメントも装備しており、バックパックスタイルはロードバイクによる自転車通勤者の選択肢としても魅力的だろう。

    これら「リミテッド エディション2018」の3モデルは、2018年11月9日(金)から、全国のトゥミストアと公式ウェブサイトTUMI.co.jpで発売される予定だ。

    鞄選びには、持ち主の人生観――というと大げさなら――価値観やワークスタイル、ライフスタイルが反映される。惰性で2年使ったその鞄は、自分が求めているこれからの自分の姿にマッチしているだろうか?

    1年を総括して新しい年のことを考えるこのシーズンに、自分自身の未来展望として、次の鞄に求める条件を検討してみるのも、悪くない時間の使い方ではないか。

    tumi11052a.jpg深紅のライニングは、今回の日本限定商品の最大の特徴ともいえる箇所だ。三型共通の仕様。
    モデル:エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ

    tumi11053.jpgトゥミの多くのバッグにみられるラゲージへのセットアップ機能。
    今回の日本限定商品でももちろんラゲージにセットアップ可能となっている。
    モデル:エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ

    tumi11054a.jpg三型のうち一型は、ショルダーストラップを取り出し、人気のバックパックスタイルとすることもできる。
    モデル:スリーウェイ・ブリーフ


    ○問い合わせ先:トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267 
    リミテッドエディション2018 詳細はこちら

    トゥミの最新情報をLINEで配信中

    お問い合わせ

    ○問い合わせ先:トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267 
    リミテッドエディション2018 詳細はこちら
    トゥミの最新情報をLINEで配信中

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 2

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 3

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 7

      経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

    • 10

      コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩