Newsweek

健康

10年後の死亡率が最も低い睡眠時間は何時間か 日本人が知らない睡眠負債の恐怖

2019年2月25日(月)18時15分
西野精治 (スタンフォード大学医学部精神科教授 ) *東洋経済オンラインからの転載

    「睡眠負債」を重ねることで起こる、さまざまな危険とは demaerre - iStockphoto


    1日24時間という限られた時間の中で、やらなければいけないことが山積している。だから、睡眠時間を犠牲にするのはやむをえない。とかく日本人は、そう考えがちです。
    もともと日本人の場合、睡眠時間を削って何かに励むことを「美徳」のように捉え、「寝る間も惜しんで」仕事や勉強をすることが必要だ、というメンタリティが根づいてしまっているのでしょう。しかし、それが逆に、体調をガタガタにするだけでなく、仕事の成果さえも台無しにしてしまっていたとしたら......。
    「睡眠負債」は取り返しのつかない結果をもたらしかねません。健康も維持しながら、仕事で成果を上げるために最適な睡眠時間とは。スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)の西野精治所長が、近著『スタンフォード大学教授が教える 熟睡の習慣』から世界各国の研究結果をもとに解説します。

    こんなに危険な「睡眠負債」

    「睡眠負債(sleep debt)」という表現を用いて、積み重なる睡眠不足に警鐘を鳴らしはじめたのは、アメリカ人のウィリアム・C・デメント教授です。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 2

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 6

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 7

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 8

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 9

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 10

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実