Newsweek

健康

10年後の死亡率が最も低い睡眠時間は何時間か 日本人が知らない睡眠負債の恐怖

2019年2月25日(月)18時15分
西野精治 (スタンフォード大学医学部精神科教授 ) *東洋経済オンラインからの転載

    「睡眠負債」を重ねることで起こる、さまざまな危険とは demaerre - iStockphoto


    1日24時間という限られた時間の中で、やらなければいけないことが山積している。だから、睡眠時間を犠牲にするのはやむをえない。とかく日本人は、そう考えがちです。
    もともと日本人の場合、睡眠時間を削って何かに励むことを「美徳」のように捉え、「寝る間も惜しんで」仕事や勉強をすることが必要だ、というメンタリティが根づいてしまっているのでしょう。しかし、それが逆に、体調をガタガタにするだけでなく、仕事の成果さえも台無しにしてしまっていたとしたら......。
    「睡眠負債」は取り返しのつかない結果をもたらしかねません。健康も維持しながら、仕事で成果を上げるために最適な睡眠時間とは。スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)の西野精治所長が、近著『スタンフォード大学教授が教える 熟睡の習慣』から世界各国の研究結果をもとに解説します。

    こんなに危険な「睡眠負債」

    「睡眠負債(sleep debt)」という表現を用いて、積み重なる睡眠不足に警鐘を鳴らしはじめたのは、アメリカ人のウィリアム・C・デメント教授です。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 9

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 9

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン