Newsweek

育児

父親の育休取得9割のスウェーデンに学ぶ「イクメン」ライフスタイルとは?

2020年3月24日(火)11時00分

    luza studios - iStockphoto

    <社会保障制度の先進国であるスウェーデン。なかでもよく取り上げられるのが、現在では9割を超えるといわれている男性の育児休暇取得率の高さだ。そんな「イクメン」先進国から日本人男性は何を学ぶべきか──>

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 4

      安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

    • 5

      日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

    • 6

      ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

    • 7

      トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

    • 8

      「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

    • 9

      2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

    • 10

      欧米からの圧力を嫌い中国に接近するロシア

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 6

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 7

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 8

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 9

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 10

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 1

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 2

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 3

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 4

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 5

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

    • 6

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 7

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 8

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 9

      中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

    • 10

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と