Newsweek

日本社会

「汚部屋そだちの東大生」女性作者の壮絶半生 母親の影響を抜け出すまでの日々

2021年4月17日(土)12時12分
村田 らむ(ライター、漫画家、カメラマン、イラストレーター) *東洋経済オンラインからの転載

    汚部屋で育った自分の半生を漫画『汚部屋そだちの東大生』に描いたハミ山クリニカさんの思いとは?

    これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが、会社員として働きながらも漫画家としても活動する女性の半生をお届けする。

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

    • 1

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 2

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 3

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 6

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 7

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 8

      メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

    • 9

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 10

      コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

    • 1

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

    • 2

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 6

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 7

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

    • 8

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 9

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 10

      「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 4

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 5

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 6

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 7

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コザに漂う、記憶のかけら