投資信託

世界経済の成長を投資リターンで実感するバランス型インデックスファンド

PR

2018年7月2日(月)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ広告制作チーム

    バランス型のインデックスファンドは多数あるが、世界経済インデックスファンドならではの特徴と言えるのが、ファンドの配分比率をGDP(国内総生産)総額の比率を参考に決定している点。具体的には、まず日本、先進国、新興国の3つの地域のGDP構成比を算出し、ファンドの地域別構成比を決定。さらに、それぞれの地域ごとで株式と債券に50%ずつ分散投資する。地域別と資産別の組み合わせでリスク低減を図り、GDPの変化に応じて、原則として年に一度の頻度で地域別の基本組入比率を見直している。先進国と新興国では、経済成長のスピードが異なる。経済成長の果実を取り込むためには、組入比率の調整が必要なのだ。

    「毎年10月にIMF(国際通貨基金)が発表する『世界経済見通し』に基づき最新の各地域のGDPの割合をチェックし、組入比率を調整するのが基本だが、加えて、社内のストラテジスト(投資戦略を考える専門家)や、各資産のファンドマネジャーとの経済情勢の議論も踏まえて組入比率を最終的に決定するなど、社内で独自に算出したデータや知見もポートフォリオの運営に反映させている」と、その詳細を岡戸氏が明かしてくれた。

    mstam03.jpg
    <世界経済インデックスファンドの基本組入比率>
    ※上記は、2018年5月末現在の基本組入比率であり、実際の比率と異なる場合があります。
    ※基本組入比率には一定の変動幅を設けます。
    ※基本組入比率は原則として年1回見直しを行う場合があります。また、市場動向等に応じて必要と認める場合には、一定の乖離幅の範囲内で組入比率を調整する場合もあります。
    ※資金動向、市況動向、信託財産の規模等によっては、上記の運用ができない場合があります。

    「つみたてNISA」対象ファンドに選定

    ファンドを選ぶ際に重要な要素となる信託報酬は0.50%(税抜)と、他のバランスファンドと比較して低めに設定されているが、岡戸氏は「低コストなら何でもいいというわけではなく、ファンドの運営についてのクオリティや、これまでの運用で培われてきたノウハウも重要。特にGDPに基づく地域別構成比による運営は、他のファンドにはない付加価値がある」と胸を張る。

    最も気になる運用実績を見ると、2018年5月末時点で基準価額(分配金再投資)*は21,967円(信託報酬控除後)。純資産総額は550億円を超える。運用開始以来約9年で基準価額は2倍以上になり、積立投資を通じて長く運用している投資家も多いという。<*分配金(税引前)を分配時に再投資したものとみなして算出した値>

    「コア投資に必要なのは、資産が分散されていることと長期運用。そして、もうひとつ重要なのが時間分散。一時期に集中して投資するのではなく、定時定額で購入し、投資のタイミングを分散させることでリスク低減を図ることができる」と、岡戸氏が積立投資の有効性を説く。そのためにぜひ活用したいのが「つみたてNISA」(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)だ。つみたてNISAを通じて世界経済インデックスファンドに投資することにより、アセットクラスの分散投資と、投資タイミングの時間分散を低コストで実現することができる。

    プロでも、より高いリターンを稼げるアセットアロケーション(資産分配)を当てることは難しいと言われている投資の世界。その点、世界経済インデックスファンドは、「世界経済の成長の果実をじっくりと享受する」 というコンセプトに沿った地域配分や株式・債券比率のルールで分散投資され、プロが定期的にチェックしてくれるため、長期にわたって「おまかせ」することができる。中長期での資産形成を始めたいと考えている投資初心者や、分散投資の重要性は認識しているが組入比率をどのように見直せば良いか分からないなど判断に悩んでいる方にもお薦めできる。効率的な資産運用が期待できるファンドと言えるだろう。


    ○世界経済インデックスファンド(商品動画)  詳細はこちら

    お問い合わせ

    三井住友トラスト・アセットマネジメント
    世界経済インデックスファンド

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 4

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 5

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 6

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 7

      「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

    • 10

      ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 5

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 8

      徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

    • 9

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 10

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常