Newsweek

THE GLOBAL ECONOMY 2018

ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

2018年1月10日(水)12時39分
ルズベー・バチャ(シティーファルコンCEO)

    Illustration by Sorbetto/Getty Images


    0116cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版1月10日発売号(2018年1月16日号) は、「好調」な世界経済の落とし穴を、ノーベル賞経済学者らが読み解く「THE GLOBAL ECONOMY 2018」特集。ジョセフ・スティグリッツ(ノーベル賞経済学者)、アンガス・ディートン(ノーベル賞経済学者)、モーリス・オブストフェルド(IMFチーフエコノミスト)、ローレンス・サマーズ(元米財務長官)、カイフー・リー(グーグル・チャイナ元総裁)、ダニエル・グロー(欧州政策研究センター所長)、エドマンド・フェルプス(ノーベル賞経済学者)らが寄稿するこの特集から、ビットコインのリスクを論じた記事を転載>

    主流メディアもようやくビットコインに注目し始めた。いや、降って湧いた投資ブームで注目せざるを得なくなったというのが実情だろう。

    ビットコイン相場は昨年初めから12月半ばまでに1600%超も上昇した。1ビットコイン(BTC)=100ドル強だった時期にまとまった投資をした人たちは、文字どおり億万長者になったことになる。

    ビットコインの時価総額は12月には2500億ドルを超えた。年末までには相場は調整局面に入ったものの、今も乱高下が続いている。

    12月の急騰をもたらしたのは何なのか。主な要因は、米規制当局がビットコインの先物取引を認可したこと。機関投資家の市場参入が予想され、期待感から現物相場も上昇した。他の国々もこの動きに倣うとすれば、今後さらに巨額の資金が流入するだろう。

    そうではあっても、ただのオープンプラットフォームが時価総額で世界屈指の巨大企業と肩を並べるとは一体どういうことなのか。

    「バブルにすぎない」──おそらくそれが答えだろう。

    ドルであれ、円やポンドであれ、通貨は価値を示す尺度だ。例えば5ポンド紙幣は5ポンドの価値がある商品やサービスと交換できるが、5ポンド紙幣そのものに価値があるわけではない。

    ビットコインももともとはそうした機能を持つ通貨として開発された。つまり、1BTCを提供すれば、1BTCの価値がある商品なりサービスを入手できるというコンセプトだ。しかし現実には1BTCを提供すれば1万5000ドルを入手できるという状況になった。その結果、ビットコインは価値の尺度、つまり通貨ではなくなった。通貨であれば、これほど価値が上がれば、今頃は超デフレになっているはずだが、そうはなっていない。

    ならば、ビットコインは何なのか。別の資産か。価値を蓄積・保存できるという点では金塊に近いが、金塊のような実体はない。

    遅れて投資すれば大損する

    ビットコインはシステムだ。資金はそのシステムに流入している。システムの価値は人々の「認識」で決まる。

    BTCをドルや円に換えれば、商品やサービスを買える。初期にビットコインに投資した人たちは新参者がどんどん資産をもたらしてくれたおかげで、現時点で換金すれば巨万の富を手にできる。その意味では、ビットコインはポンジ・スキーム、つまり資金を運用せずに、次々に投資を募って利回りを払う一種の投資詐欺のようなものだ。ただし、ビットコインはいわば分散型のポンジ・スキームで、誰かが仕組んだ詐欺ではなく、参加者全体がその仕組みを支えている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 3

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 4

      オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

    • 5

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 6

      元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

    • 7

      死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

    • 8

      遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

    • 9

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 10

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 1

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 2

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 5

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 8

      「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

    • 9

      ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 2

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 6

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 7

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 8

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 9

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

    • 10

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい