Newsweek

テクノロジー

軍用ドローンで世界はどうなる 〈無人化〉時代の倫理に向けて

2018年10月10日(水)18時15分
渡名喜 庸哲

    クルド独立派武装勢力PKKの女性兵士が敵を偵察してきたドローンの着陸を待ち構えている。今や紛争地帯でドローンが行き交うのは日常的な光景となりつつある。 Asmaa Waguih-REUTERS


    2010年以降、急速に普及し始めた小型無人飛行機─ドローン。従来の物理的な制約に縛られない能力は、"空の産業革命"とも呼ばれるが、一方でドローンは我われの目に触れないところで、テロリストを監視し、遠く離れた紛争地帯で敵を抹殺する最強の兵器としても使われている。こういうドローンという多義的な存在をフランスの気鋭哲学者グレゴワール・シャマユーが倫理、哲学の視点から論じたのが「ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争」(明石書店)。訳者の渡名喜 庸哲氏の解説から、ドローンを巡る倫理問題をさぐる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 2

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 3

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

    • 6

      「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

    • 7

      【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

    • 8

      ファーウェイたたきはトランプの大博打

    • 9

      学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

    • 10

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 4

      トランプの言うことは正しい

    • 5

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    • 8

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 9

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 10

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 5

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 10

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える