Newsweek

テクノロジー

軍用ドローンで世界はどうなる 〈無人化〉時代の倫理に向けて

2018年10月10日(水)18時15分
渡名喜 庸哲

    クルド独立派武装勢力PKKの女性兵士が敵を偵察してきたドローンの着陸を待ち構えている。今や紛争地帯でドローンが行き交うのは日常的な光景となりつつある。 Asmaa Waguih-REUTERS


    2010年以降、急速に普及し始めた小型無人飛行機─ドローン。従来の物理的な制約に縛られない能力は、"空の産業革命"とも呼ばれるが、一方でドローンは我われの目に触れないところで、テロリストを監視し、遠く離れた紛争地帯で敵を抹殺する最強の兵器としても使われている。こういうドローンという多義的な存在をフランスの気鋭哲学者グレゴワール・シャマユーが倫理、哲学の視点から論じたのが「ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争」(明石書店)。訳者の渡名喜 庸哲氏の解説から、ドローンを巡る倫理問題をさぐる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:間違いだらけのAI論

    本誌 最新号

    特集:間違いだらけのAI論

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    2018年12月18日号  12/11発売

    人気ランキング

    • 1

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 2

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

    • 3

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

    • 6

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

    • 9

      JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

    • 10

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 7

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 8

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい