Newsweek

インターネットを超えるブロックチェーン

グーグルやフェイスブックから個人情報を自分で守る防衛策

2018年11月27日(火)16時20分
デービッド・チョム(eキャッシュ開発者、個人向けブロックチェーン・プラットフォーム開発企業エリクサーCEO)

    ILLUSTRATION BY ALEX FINE

    <電子マネーの開発者デービッド・チョムが語る、ブロックチェーンを使った未来型セキュリティー対策>



    ※12月4日号(11月27日発売)は「インターネットを超えるブロックチェーン」特集。ビットコインを生んだブロックチェーン技術は、仮想通貨だけにとどまるものではない。大企業や各国政府も採用を始め、データ記録方法の大革命が始まっているが、一体どんな影響を世界にもたらすのか。革新的技術の「これまで」と「これから」に迫った。
    (この記事は本誌「インターネットを超えるブロックチェーン」特集より転載)

    少し前まで、朝は自分でコーヒーを入れて、新聞を読んでいた。今では毎朝スマートフォンにニュースが押し寄せ、インターネットにつながったスマートコーヒーメーカーが自動的にエスプレッソを入れてくれる。

    使い勝手のいいデジタル機器の登場で、生活はぐっと便利になった。だが利便性と引き換えに、私たちは検索ワードや訪問したウェブサイトなどの情報を差し出している。そこで使われるプログラムなどは仕事や家事を楽にする一方、私たちをある社会集団に──時には間違って──分類する。アクセスを許した情報がいずれ、私たちに不利な形で利用されないとも限らない。

    銀行やSNSから個人情報が流出する事件は後を絶たない。個人情報を管理する権限はユーザー自身が持つべきだと、多くの人が考え始めている。

    心配すべきなのは、メールの文面といったネット上のやりとりの中身だけではない。やりとりに不随するメタデータからも、私たちの行動パターンは読み取れる(メールでいえば、発信元や送信先の情報などがメタデータ)。メールと決済のメタデータをたどるだけで、その人の宗教から政治的信条、健康状態や交友関係までが分かってしまう。

    そんなデータ乱用の防止策として期待されるのが、ブロックチェーンだ。

    ブロックチェーンは、グーグルやフェイスブックのような企業のサーバーが管理しているわけではなく、分散型のネットワークだ。チェーン内の全ての情報にアクセスできる組織は存在しない。他人のメタデータを追跡して広告会社に売ったり、政府に渡したりすることもできない。SFドラマが描くダークな未来社会のように、個人情報を基に人々が格付けされることもない。

    グーグルやフェイスブックの代わりにブロックチェーンを利用したサービスに乗り換えれば、個人情報を悪用される危険は大幅に減る。ブロックチェーンはメッセージのやりとりや買い物だけでなく、契約や資産管理にも使える。ただし広く普及するには技術の進化が必要だ。クレジットカードのように瞬時に決済ができて、プライバシーを守る暗号機能が充実し、数十億の利用者に対応できる──。

    そんなプラットフォームが構築され、多くの人々が利用するようになれば、個人情報は莫大な恩恵を受けるだろう。

    【関連記事】1分で分かる「ブロックチェーン」の概念と仕組み
    【関連記事】音楽、働き方、マグロ......ブロックチェーンが変える6つのこと

    <2018年12月4日号掲載>

    ※12月4日号(11月27日発売)「インターネットを超えるブロックチェーン」特集はこちらからお買い求めになれます。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

    • 4

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 5

      タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

    • 6

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

    • 7

      アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

    • 8

      年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

    • 9

      老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

    • 10

      【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

    • 1

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 2

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

    • 3

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 4

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 7

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 8

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 9

      ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 8

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実