Newsweek

調査

最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女性に最も危険な国は?

2018年07月09日(月)12時25分
松丸さとみ

    栄誉に輝いたアイスランドの首都レイキャビク ThomasFluegge-iStock

    <世界で最も「安全で平和な国」と「女性にとって危険な国」の今年のランキングが発表された>

    人気ランキング

    • 1

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「インスタグラマーにはもううんざり!得するのはビ…

    • 4

      絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

    • 5

      「女性は自分の肉体を利用すべきだ」――KISSフロント…

    • 1

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「女性は自分の肉体を利用すべきだ」――KISSフロント…

    • 4

      「インスタグラマーにはもううんざり!得するのはビ…

    • 5

      絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

    • 1

      絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

    • 2

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

    • 5

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

    2018-9・25号(9/19発売)

    貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!