Newsweek

美容

遺伝子組み換えでもいい!? 魅惑のスーパートマトが若返りへと誘う

2018年07月25日(水)16時45分
カスタリア・メドラノ

    リコピンなどの抗酸化成分を豊富に含むトマトはもともとアンチエイジングの強力な味方 LARRY WASHBURN/GETTY IMAGES

    <ビタミンEが通常の6倍、リコピンは2倍。老化防止に役立つ抗酸化成分を倍増させた遺伝子組み換えトマトを香港の研究チームが開発>

    人気ランキング

    • 1

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      英語嫌いな子供になって当然。日本の英語教育の欠点…

    • 5

      「47.2歳が人生で最悪」説を経験談から大検証してわ…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

    • 2

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:上級国民論

    2020-2・25号(2/18発売)

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!