Newsweek

美容

遺伝子組み換えでもいい!? 魅惑のスーパートマトが若返りへと誘う

2018年07月25日(水)16時45分
カスタリア・メドラノ

    リコピンなどの抗酸化成分を豊富に含むトマトはもともとアンチエイジングの強力な味方 LARRY WASHBURN/GETTY IMAGES

    <ビタミンEが通常の6倍、リコピンは2倍。老化防止に役立つ抗酸化成分を倍増させた遺伝子組み換えトマトを香港の研究チームが開発>

    人気ランキング

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      フェイスブックがついに「出会い系」サービス開始 …

    • 5

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    2019-9・24号(9/18発売)

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!