Newsweek

ヘルス

デキる女性が卵子凍結に踏み切る原因は出会い不足 経験者が抱えるある思い

2018年07月30日(月)16時20分
畑ともみ

    bluecinema-iStock

    <ある女性医師はこう話す。「私はパートナーと出会う確率は、0.09%しかないと思う」なぜなら、男性にとって、優秀な女性は中々恋愛の対象にならない>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:プラスチック・クライシス

    2019-11・26号(11/19発売)

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!