Newsweek

リラックス

知らない人とパジャマでハグ!? 密かにブーム広がる「フリーハグ」ならぬ有料ハグ会の実態

2018年09月13日(木)20時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    はっきりと自分の意志を表示できるようになるメリットも? Ivanko_Brnjakovic-iStock

    <渋谷駅前に出没する「フリーハグ」とはわけが違う。ハグのプロによるセッションは4万超えの立派なサービスだ>

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 3

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      見出しは「60歳のマドンナ」 いじられたポッ…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 3

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      見出しは「60歳のマドンナ」 いじられたポッ…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 4

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 5

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:弾圧中国の限界

    2019-6・25号(6/18発売)

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!