Newsweek

遅刻

遅刻魔は成功する上に長生きする? 迷惑な人たちへの対処法とは

2018年09月05日(水)15時05分
田中美貴(イタリア在住ライター)

    遅刻常習者には楽観的な考え方の人が多い? (写真はイメージ) perek arici-iSock

    <遅刻はされる側には迷惑な話。寛容になれないこともあるが、うまく付き合うべく遅刻魔のタイプを知ろう>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:香港の出口

    2019-8・27号(8/20発売)

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!