Newsweek

フランス

「極右」官僚養成機関に志願する若者たち フランスで物議をかもす「学長」は美しすぎる28歳

2018年10月30日(火)17時20分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

    旧来の国民戦線支持者の間では非常に人気が高いマリオン・マレシャル Emmanuel Foudrot-REUTERS

    <極右ルペン家の新鋭マリオン・マレシャルが今年9月、未来の右派政治家・官僚を養成する教育機関を開校した>

    人気ランキング

    • 1

      「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

    • 2

      日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 1

      「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    2019-9・24号(9/18発売)

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!