Newsweek

アート

世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器」の持ち主の正体が判明!

2018年10月11日(木)17時10分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

    写実的な絵画で有名なギュスターヴ・クールベの「世界の起源」 Public Domain

    <オルセー美術館に展示されている、ギュスターブ・クールベ作「世界の起源」。152年間、世界中に衝撃を与えてきた「女性器」を持つモデルの正体が、フランスの歴史学者の偶然の発見でついに......>

    人気ランキング

    • 1

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 4

      心臓病リスクを下げる犬種は? 「ハート」を守る愛…

    • 5

      すでに流行拡大中! 知っておくべき、今年のインフル…

    • 1

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      【潜入調査】入店40分待ち!? フランスの高級ブラン…

    • 4

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 5

      命知らずの自撮りが「クール」の証⁉ 死者が多すぎて…

    • 1

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      結婚するまで「生理」の存在さえ知らなかった男たち─…

    • 4

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 5

      炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

    2018-10・16号(10/10発売)

    単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!