Newsweek

海外ドラマ

『ハウス・オブ・カード』が単なる政治劇でなく、「何かを成し遂げる」魅力的な仕事人たちのドラマである理由

2018年11月08日(木)20時25分
小堀栄之(経済ライター)

    Mario Anzuoni-REUTERS

    <#MeToo運動の波が直撃し主演のケビン・スペイシーが降板するニュースが世を騒がせたが、最終シーズンはどうなった?>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

    • 3

      キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

    • 4

      ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

    • 5

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 3

      国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

    • 4

      ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

    • 5

      キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 4

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 5

      「なぜ私のカゼに葛根湯が効かないのか」──薬剤師に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:ここまで来たAI医療

    2018-11・20号(11/13発売)

    病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!