Newsweek

アート

日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット」が海外で高評価されているワケ

2018年12月05日(水)18時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    魲万里絵の作品 Photo: Satomi Iwasawa

    <スイスの小さい美術館が、海外初となる日本のアール・ブリュットに焦点を当てた展覧会を開催してから10年...おもしろい、奇麗、ちょっと気持ち悪い、怖い、などどんな感情でもじっくりと味わってみよう>

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 5

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

    • 3

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    2019-11・19号(11/12発売)

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!