Newsweek

LGBT

16歳の心を掴みたい──『ヘドウィグ』を生んだジョン・キャメロン・ミッチェルの悩める日々

2018年12月20日(木)16時10分
アンナ・メンタ

    ニール・ゲーマンの短編を基にした『パーティで女の子に話しかけるには』(2017年)は異色のSFロマンス。監督のミッチェル(左)とヒロインを演じたエル・ファニング(右) Jean-Paul Pelissier-REUTERS

    <母親の医療費のために巡業し、赤字覚悟でミュージカル制作......LGBTカルチャーのカリスマ、ジョン・キャメロン・ミッチェルの『ヘドウィグ』を生んだパンク魂は健在>

    人気ランキング

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      英国では10人に1人の難読症向けに、ハリポタ関連本…

    • 5

      息子が死ぬまでいじめに気づけなかった――新学期から4…

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      英国では10人に1人の難読症向けに、ハリポタ関連本…

    • 5

      「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      メーガン妃へのヘイトツイート、7割がわずか20のアカ…

    • 5

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:英国の悪夢

    2019-4・ 2号(3/26発売)

    EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!