Newsweek

日本文化

ロンドンで今人気の日本とは? 「日本人が見せたい」から「外国人が見たい」発信へ

2018年12月25日(火)15時45分
冨久岡ナヲ(イギリス在住ジャーナリスト)

    一等地にオープンした複合的な施設ジャパン・ハウス・ロンドン (Photo:Nao Fukuoka)

    <イギリス・ロンドンで日本関連のふたつの施設が盛況だ。日本文化を海外に発信する活動は、従来の一方通行からより現地で消化されやすい形へと変わっているようだ>

    人気ランキング

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      英国では10人に1人の難読症向けに、ハリポタ関連本…

    • 5

      息子が死ぬまでいじめに気づけなかった――新学期から4…

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      英国では10人に1人の難読症向けに、ハリポタ関連本…

    • 5

      「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

    • 1

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      メーガン妃へのヘイトツイート、7割がわずか20のアカ…

    • 5

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:英国の悪夢

    2019-4・ 2号(3/26発売)

    EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!