Newsweek

通勤電車

遅れてばかりのドイツ鉄道へ恨みを込めて編んだ「遅延マフラー」とは?

2019年01月10日(木)18時00分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

    グレー、ピンク、赤で色分けされた手編みのマフラー @sara_weber-Twitterより

    <通勤電車の遅延が多いことに不満に持った女性が、電車の遅延状況を毎日記録したマフラーを作成、ドイツのツイッターで話題になっている>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 3

      「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

    • 4

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 5

      バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

    • 3

      「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

    • 4

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 5

      パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    2019-5・28号(5/21発売)

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!