Newsweek

女性

女性器切除、ヴァギナアート、性的虐待──戦う5人の女性描いた「#Female Pleasure」が海外でヒット中

2019年04月22日(月)18時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    バルバラ・ミラー監督(写真手前)と映画に登場する女性たち X Verleih AG

    2018年11月からドイツ、オーストリア、スイスで上映中のドキュメンタリー映画「#Female Pleasure(フィーメイル・プレジャー) 」が大ヒットしている。観客動員数1万人でヒットというドキュメンタリー映画界で、すでに15万人に達した(配給先に確認済)。異なる宗教的背景をもつ5人の女性をクローズアップしていて、日本の漫画家ろくでなし子さんも出演し、注目を集めている。

    本作は、2018年夏、スイスのロカルノ国際映画祭で初上映され受賞したほか、ドイツで開催のドキュメンタリーの映画祭DOKライプチヒでも受賞した。

    死の危機があっても、慣習を変えたい

    スイスのバルバラ・ミラー監督が描写したこの5人は、ドイツ、アフリカ、インド、日本、ユダヤの社会に生き、女性という「性」が理由で体や心に痛みを受けた。聖職者からの性的暴行、幼いときの女性器切除、婦女暴行や親が決める結婚、ヴァギナのアート公開で逮捕、女性は同族を増やすための良策という見方。それぞれの痛みが、各女性たち自身の言葉で語られる。

    彼女たちは、自分がかかわる宗教や社会規範の中で、女性が受けるこれらの性差別を解消しようと立ち向かう。「女性の体は男性に支配されるものではない」「女性も性的喜びや自主性をもっていいではないか」と、心の中で拳を握りしめて。5人の中には殺害の脅迫を受けた女性もいる。それでも、男性たちや社会に対して立ち向かう彼女たちの勇気ある姿は、共感を呼ぶ。

    戦う5人の女性たち

    映画でまず登場するのは、ソマリア出身のレイラ・フセインさんだ。現在、心理セラピストおよび社会活動家として、世界で実施されている女性器切除の廃止を推進している。フセインさんは敬虔なムスリム一家で育ち、7歳のとき、イスラムの名のもと女性器切除を受けさせられた。両親は切除には立ち会わなかったが、切除直後に盛大にお祝いしてくれたという。

    leyla-190422-o2.jpgX Verleih AG

    女性器切除はショックで亡くなる女子もいるし、性的な喜びを持てなくなったり身体に悪影響を与えて妊娠できなくなったりする女性もいる。フセインさんはロンドンに住んでいるが、ヨーロッパのムスリムコミュニティーでもこの慣習は続いていると話す。女性器切除についてのワークショップの最中、自身の幼いときの体験を思い出して泣き崩す姿には心が痛む。

    日本からは、漫画家のろくでなし子さんが登場する。ヴァギナをアート作品にして公開したために、わいせつだとして逮捕された状況や、裁判で争った経緯が映し出される。ろくでなし子さんは、毎年4月に神奈川県川﨑市で開催される伝統の「かなまら祭り」(ペニスの神輿が出てくるなど、ペニスが祭りのシンボル)も訪れた。

    002-rokudenashiko-190422.jpgX Verleih AG

    「逮捕時の車中で、犯罪者なんだからしおらしい顔をしろ、顔を下に伏せろ、と刑事達に言われましたが、わたしは何も悪い事はしていないので、堂々と顔を上げ続けました。ちんこの表現は許されるのに、まんこはなぜダメなんですか」と語る(本人の言葉引用)。

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      見出しは「60歳のマドンナ」 いじられたポッ…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 3

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      見出しは「60歳のマドンナ」 いじられたポッ…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 4

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 5

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:残念なリベラルの処方箋

    2019-7・ 2号(6/25発売)

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!