Newsweek

環境問題

包装ゼロの店、スーパーはレジ袋廃止──ドイツで「プラスチック断ち」広がる

2019年04月05日(金)17時00分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

    ベルリンの個別包装ゼロの小売り店「オリギナル・ウンフェアパックト」の店内。商品の多くは量り売り (c) Original Unverpackt

    <包装ゴミの排出量がヨーロッパで最も多いというドイツで、削減への取り組みが広がってきた>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 3

      社会は女性を信じるか──34年前と変わらない、21世紀…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      私たちが大好きなジーンズは、東南アジアの劣悪な環…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      社会は女性を信じるか──34年前と変わらない、21世紀…

    • 1

      「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:嫌韓の心理学

    2019-10・15号(10/ 8発売)

    日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

    ※次号は10/16(水)発売となります。

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!