Newsweek

日本文化

パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

2019年04月05日(金)19時00分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

    会期中はパリの名所に日本のアートが出現した borchee-iStock

    <仏で8カ月開催された「ジャポニスム2018」には、パリの人口を超える300万人が動員した。フランスでの"日本ブーム"の現状を現地で探った>

    人気ランキング

    • 1

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    • 5

      ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 3

      ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:人生を変えた55冊

    2020-8・11号(8/ 4発売)

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!