Newsweek

ヘルス

避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

2019年04月22日(月)17時00分
カシュミラ・ガンダー

    これからは毎日避妊できる? AREEYA_ANN/ISTOCKPHOTO

    [2019年2月 5日号掲載]

    経口避妊薬を飲む場合、3週間服用後に1週間は休薬──常識とされているこの服用法が、 実は宗教上避妊を認めないバチカンへの配慮だったことが明らかになった。

    休薬中は生理に似た出血「消退出血」が起きるが、こうした出血や休薬は健康効果がないと、 英王立産婦人科医協会の「性と生殖のヘルスケア部会」が新指針を示した。休薬中の頭痛やけいれんに悩む女性には朗報だ。

    ロンドン大学のジョン・ギルボー教授は、50年代に産婦人科医ジョン・ロックが休薬を提言したのは、「ローマ法王(教皇) が避妊薬を受け入れ、カトリック教徒が使えるようにするため」と、述べている。「ロックは休薬で生理周期を確保すれば 受け入れられる」と考えたようだが、結局は拒否された。

    piru01-913750104 .jpg
    LightFieldStudios-iStock

    正しく服用すれば99%避妊できるが、利用者の9%は服用開始から1年以内に妊娠する。「休薬期間前後に服薬を忘れるため」と、産婦人科医のダイアナ・マンスールは説明する。新指針は休薬期間を4日ほどに減らすことを提言している。

    【参考記事】男性にもある「妊娠適齢期」 精子の老化が子供のオタク化の原因に?

    【参考記事】コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル「供給できる可能性は高い」

    [2019年2月 5日号掲載]

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      見出しは「60歳のマドンナ」 いじられたポッ…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 3

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 4

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 5

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:残念なリベラルの処方箋

    2019-7・ 2号(6/25発売)

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!