Newsweek

海外スーパー

まるでゲーム感覚 自動化の「量り売り」が母と環境を救う!

2019年04月24日(水)18時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    徹底してごみを出さない工夫

    さらに目新しいのは、「小売店→消費者」のみならず、「生産者→小売店」の包装も減らせる点だ。いままでの個別包装ゼロの店では、商品を仕入れ、店で店員が大型ケースに入れているが、「ミワ」式だと、大型ケースが生産者と店とを循環する。つまり、生産者がミワの専用大型ケースに直接商品を入れて店へと届けるのだ。商品が完売して空になったケースは生産者の元へ戻り、また商品を詰めて店に届ける。

    miwa-image02.jpg
    courtesy of MIWA

    バーチャさんらは1億2000万円以上もかけて開発した甲斐があったと安堵し、国内外で受賞して喜びにひたりつつ、環境課題にチャレンジするこの新しいビジネスモデルを各地に根付かせようと奮闘している。

    s-iwasawa01.jpg[執筆者]
    岩澤里美
    スイス在住ジャーナリスト。上智大学で修士号取得(教育学)後、教育・心理系雑誌の編集に携わる。イギリスの大学院博士課程留学を経て2001年よりチューリヒ(ドイツ語圏)へ。共同通信の通信員として従事したのち、フリーランスで執筆を開始。スイスを中心にヨーロッパ各地での取材も続けている。得意分野は社会現象、ユニークな新ビジネス、文化で、執筆多数。数々のニュース系サイトほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『AGORA』、季刊『環境ビジネス』など雑誌にも寄稿。東京都認定のNPO 法人「在外ジャーナリスト協会(Global Press)」理事として、世界に住む日本人フリーランスジャーナリスト・ライターを支援している。www.satomi-iwasawa.com

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      これが未来の飲み方? 容器ごと食べるウイスキーは…

    • 3

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 4

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      高齢時に忘れっぽい人になるかどうかは、8歳の時に予…

    • 3

      運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

    • 4

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    2019-11・19号(11/12発売)

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!