Newsweek

ぺット

人気の穀物フリーのペットフードは「ほぼ無意味」どころか健康に悪い

2019年04月24日(水)17時55分
マット・ミラー

    joshblake-iStock

    [2019年2月19日号掲載]

    <遺伝的要素がないはずのゴールデンレトリバーに拡張型心筋症の発症例が出たため獣医らが調べたところ......>

    ペットを家族と考える人が増え、米ペット関連市場は拡大中。ペットフードへの支出は2007年の 160億ドルから2017年には290億ドルになり、「オーガニック」「天然原料」「穀物不使用」などと銘打つ製品が人気だ。

    だが獣医によれば、穀物不使用フードはほぼ無意味。2016年にはタフツ大学が「犬や猫に穀物 を与えたら有害との証拠はない」と忠告している。穀物不使用がアレルギー対策になるとの考えも誤り。犬や猫の食物アレルギーはほとんどないし、あっても原因は動物性タンパク質だ。

    無意味どころか、健康に悪い場合もある。米食品医薬品局(FDA)は昨年7月、穀物不使用ドッグフードが拡張型心筋症につながる可能性があると発表した。これはドーベルマンなどによくみられる遺伝性疾患だが、遺伝的素因がないはずのゴールデンレトリバーの発症例が出たため獣医らが調べたところ、穀物不使用フードを食べていることが分かったという。

    dogfood01-479436384 (1).jpgmediaphotos-iStock

    問題を最初に指摘したノースカロライナ州立大学のテリサ・ディフランチェスコ教授は、穀物不使用ペットフードは控えるよう忠告する。こうした製品が魅力的なのはまっとうな科学ではなく、巧みな販売戦略のおかげであることが多いと、飼い主は肝に銘じておくべきだ。

    【参考記事】犬の「うんちを食べる行為」の謎、ついに終止符か
    【参考記事】犬は人と「キスなんてしたくない」 動物心理の専門家が語る8つのヒント

    ©2019 The Slate Group

    [2019年2月19日号掲載]

    人気ランキング

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:顔認証の最前線

    2019-9・17号(9/10発売)

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!