Newsweek

アート

有名画家の伝説に疑問? ナチスへの傾倒が明るみに出て、メルケル首相もエミール・ノルデ作品を排除

2019年05月10日(金)17時45分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

    ノルデがナチスに傾倒していたと思われる時期のバイキングがモチーフのとした水彩画「女主人とよそ者」1938年 © Nolde Stiftung Seebüll, Foto: Dirk Dunkelberg, Berlin

    <ベルリンでドイツの画家、エミール・ノルデの大規模な展覧会が開催されている。ナチスに迫害されたと芸術家として知られてきたノルデだが、この展覧会では最近の研究からわかったナチスへの深い傾倒の事実に焦点を当てており、反響を呼んでいる>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 3

      性的暴行の衝動70%抑制 キレやすい人の衝動には電気…

    • 4

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 5

      大好きな甘いもの、食べた時の「幸せ」を覆すスイッ…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      大好きな甘いもの、食べた時の「幸せ」を覆すスイッ…

    • 5

      欲しいのは人生が一変するような体験 パートナー…

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 5

      女性器切除、ヴァギナアート、性的虐待──戦う5人の女…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:ファーウェイの正体

    2019-5・21号(5/14発売)

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!