Newsweek

医療技術

遠い未来の話じゃない? 幹細胞と3Dプリントで自分の骨をオーダーメイド

2019年06月03日(月)11時50分
ジュリアナ・ピニャタロ

    動物の骨で作った移植用の骨の素材 COURTESY OF EPIBONE

    <人体の自己再生能力を活用して移植用の骨を作る米ベンチャー企業の挑戦>

    人気ランキング

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    2020-6・ 2号(5/26発売)

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!