Newsweek

トラベル

観光地化するチェルノブイリで自撮り 時の止まった廃墟に人が集まる理由

2019年06月04日(火)12時15分
クリスティナ・マザ

    自撮りスポットで人気の遊園地の観覧車 Gleb Garanich-REUTERS

    <原発事故で廃墟と化した近隣の町が観光名所に。安全面の懸念とともに倫理的な問題を指摘する声も>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:香港の出口

    2019-8・27号(8/20発売)

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!