Newsweek

リサイクル

片付けの魔法で急増する古着ゴミ ガーナを悩ませる「ときめかない現実」

2019年06月13日(木)19時15分
エリザベス・クライン

    こうした現状を踏まえれば、大量の古着を捨てたり寄付する以外の方策を考えてみたほうがよさそうだ。まずは再利用や個人間の転売、交換などに努めるようにすれば、古着の流通システムへの過度の負担を避けられるかもしれない。また、片付けという一大事業を、過去の消費習慣を見直して「ときめく」ものだけ買う習慣に切り替える契 機にしてもいい。

    番組に登場する人々は一様に、持ち物を捨てることへの抵抗感を示す。近藤はこの感情に打ち勝って、一気にものを片付けるよう求める。だが、このアドバ イスには耳を貸さないほうがいい。ゴミを出すことへの罪悪感があるからこそ、資源には限りがあり、ものを捨てれば他の人々や環境に迷惑が及ぶことを思い出せるのだから。

    ©2019 The Slate Group


    20190618issue-cover200.jpg
    ※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。

    [2019年6月18日号掲載]

    人気ランキング

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:香港の出口

    2019-8・27号(8/20発売)

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!