Newsweek

テニス

傷心のセレーナ・ウィリアムズを癒やした、大坂なおみとの文通

2019年07月22日(月)18時00分
ニューズウィーク日本版編集部

    SUSAN MULLANEーUSA TODAY SPORTSーREUTERS (OSAKA)

    <全米オープンの一連の騒動で、セラピーに通うほど悩んでいたウィリアムズだったが、今回の全英オープンで決勝に進出。彼女の心を癒やしたのは、専門家の治療よりも大坂からの返信だったかもしれない>

    人気ランキング

    • 1

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 2

      人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 4

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 5

      子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    2020-1・28号(1/21発売)

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!