Newsweek

サイエンス

脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待

2019年08月28日(水)17時45分
カシュミラ・ガンダー

    EVGENYATAMANENKO/ISTOCKPHOTO

    <細胞の勘違いを利用する手法で難病治療も可能に?>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      フェイスブックがついに「出会い系」サービス開始 …

    • 5

      ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    2019-9・24号(9/18発売)

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!