Newsweek

スイス

「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

2019年09月20日(金)16時40分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    展覧会は、チューリヒ大学ハンス・ビャーネ・トムセンス教授の「日本のハイジ」を本場スイスできちんと紹介したいという思いから開催に至った。 Photo:Satomi Iwasawa

    <「日本のハイジ」は、観光大使さながらの活躍。会期中には、日本、スイス、ドイツ、韓国の大学教員(研究者)たちを招き、ハイジについて語り合うシンポジウムも行われた。>

    人気ランキング

    • 1

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 2

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 2

      高齢時に忘れっぽい人になるかどうかは、8歳の時に予…

    • 3

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 4

      運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

    • 5

      「胎盤食=カニバリズム」の見解も 胎盤サプリは究…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    2019-11・19号(11/12発売)

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!