Newsweek

スイス

「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

2019年09月20日(金)16時40分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    展覧会は、チューリヒ大学ハンス・ビャーネ・トムセンス教授の「日本のハイジ」を本場スイスできちんと紹介したいという思いから開催に至った。 Photo:Satomi Iwasawa

    <「日本のハイジ」は、観光大使さながらの活躍。会期中には、日本、スイス、ドイツ、韓国の大学教員(研究者)たちを招き、ハイジについて語り合うシンポジウムも行われた。>

    人気ランキング

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    2020-6・ 2号(5/26発売)

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!