Newsweek

アメリカ社会

被害者であることを武器にする「#MeTоо」は不快 「若い世代よ、しっかりして」

2019年12月02日(月)16時05分
ニーナ・バーリー

    新著は今にも発火しそうなアメリカの空気に一石を投じる urbazon-iStock

    <被害者意識を前面に押し出して戦えるのか、と作家メガン・ダウムが議論噴出を承知で直言>

    人気ランキング

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      降り積もるマイクロプラスチックの脅威

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

    • 4

      4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:香港の挽歌

    2020-7・14号(7/ 7発売)

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!