Newsweek

子育て

自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子どもの自己主張と自我主張の見極めと対処法

2019年12月10日(火)17時10分
船津徹

    ぐずる子どもについ「言うこと聞いたらお菓子を買ってあげる」と言ってしまう気持ちも分かるが… tdub303-iStock

    <ルールの服従ではなく、「どう行動すれば皆が楽しく快適に過ごせるのか?」を考えさせ、子どもが自分の「心の声を聞く」習慣を身につけさせるのがしつけ。しつけが子どもの「人生を快適にする知恵」となるのです>

    クリスマスシーズンになると母親が子どもを連れて買い物に出かける機会が多くなります。すると、デパートで走り回る3歳児に手を焼いた母親が「言うことを聞かないと、サンタさんが来ないよ!」と「切り札」を出すようになります。

    アメリカではホリデーシーズンになると、家族でパーティーに呼ばれたり、知人や親戚の家で食事をする機会が増えます。公共の場で子どもがマナー違反をして恥をかかないように、親は「Santa is watching/サンタが見てるよ!」とあらかじめ釘をさしておきます。

    もちろんこの「切り札」が使えるのはクリスマス前の一時期だけですが、子どもにとっては「モノ」に関わる一大事であり、驚くほど効果を発揮します。あれだけ聞き分けなかった子どもが言うことを聞くようになるのです!

    子どもをモノで釣ることの弊害

    子どもの行動をコントロールする最終手段として「切り札」を使うのは、まあ仕方ないのですが、これが日常的になると親子関係がちぐはぐしてきます。「言うこと聞いたらお菓子を買ってあげる」「後でおもちゃ買ってあげるから今は言う事聞いて」など、子どもを「モノ」で釣る場面が増えると、聞き分けのない行動を長引かせることになるのです。

    モノで釣る行為は、少し視点を変えると「言うことを聞けばモノがもらえる」「ぐずればモノが手に入る」というメッセージを子どもに送っていることでもあります。事実英語ではこのような行為を「Bribing children to behave/行儀よくするようにわいろを渡す」と言います。

    子どもも知恵が働きますから、わざと面倒な行動を起こしてモノを要求するようになるのです。最初は親がわいろを渡して「言うことを聞いてもらおう」としていたのに、今度は子どもが「言うことを聞いてもらいたければモノをよこせ!」とわいろを要求するようになるのです。

    かく言う私も小学校の入学式当日に「学校に行かない!」と駄々をこねて欲しかった自転車をまんまんとせしめた経験があります。(反省しているので今もよく覚えています)今子育てをしている方も、子ども時代を振り返ると、親や祖父母を困らせてモノを手にいれた経験が一度や二度はあるのではないでしょうか。

    親は軽い気持でモノで釣るのでしょうが、子どもはそう受け取らないのです。子どもは本当に賢いですから経験から学習します。そして徐々に要求をエスカレートさせていくのです。「いい成績を取ってもらいたければゲームを買ってくれ!」「勉強してもらいたければスマホを買ってくれ!」となります。

    人気ランキング

    • 1

      女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 4

      女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:上級国民論

    2020-2・25号(2/18発売)

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!