Newsweek

映画

イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者に偽りのイメージを与える映画の罪

2020年01月14日(火)16時10分
ジョー・サルツマン(南カリフォルニア大学教授〔メディア論〕)

    女性記者役のワイルド(右)と話すイーストウッド監督

    <スクープのためなら女性は情報源とも寝る──そんな偏見を強めた『リチャード・ジュエル』とその共犯者たち>

    人気ランキング

    • 1

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 2

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      恐怖の12分間...血と涙の『くるみ割り人形』残酷な舞…

    • 4

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 5

      子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    2020-1・21号(1/15発売)

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!