Newsweek

バレンタイン

バレンタインデー用のバラの花に隠された、甘くない現実

2020年02月14日(金)16時50分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    (写真はイメージ)hsyncoban-iStock

    <店頭で買い求めたバラのルーツを私たちはほとんど知らない。どこで、どのくらい環境や労働者に配慮して生産されたのか......知らず知らずのうちに世界の環境破壊に手を貸している可能性がある>

    人気ランキング

    • 1

      女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 4

      女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:上級国民論

    2020-2・25号(2/18発売)

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!