セレブ

ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した記者が語る2007年の真実

2021年07月22日(木)12時20分
ライアン・スミス(エンターテインメント・ジャーナリスト、在ロンドン)

    酷評された2007年のパフォーマンス JOHN SHEARER-WIREIMAGE/GETTY IMAGES

    <成年後見人の解除を求めて注目されたブリトニー・スピアーズ。あのとき私が見たのは助けが必要な1人の若者だった>

    人気ランキング

    • 1

      選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

    • 2

      永遠の妖精オードリー・ヘプバーン スイスの極小美術…

    • 3

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 4

      バイデン夫人は載ったのに...メラニアがヴォーグの表…

    • 5

      習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

    • 1

      IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? …

    • 4

      選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

    • 5

      さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    2021年7月27日号(7/20発売)

    東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    3月31日発売