Newsweek

環境

国連報告「地球は既に限界点」

気候変動と環境破壊は予想以上に加速しており、もう後戻りできないかもしれない

2012年6月8日(金)14時54分
ステイシー・リースカ

     地球の気候変動が臨界点に近づいていると、国連が最新の報告書で警告した。

     約600人の専門家が携わり3年をかけてまとめらた報告書は525ページに及ぶ。専門家らは地球の未来について極めて暗い見通しを示した。北極などの氷床の融解、アフリカの砂漠化、熱帯雨林の森林破壊が、私たちが想像しているよりはるかに急速に進行していると指摘した。

     歴史的に見れば、氷河期など地球に突然大きな気候変動が訪れたことはある。だが専門家らは今回の気候変動は自然要因のものではなく、人為的な要因によるとみている。人間活動に伴う温暖化ガスの排出などが変動を加速し、影響は地球の生態系の破壊にまで及んでいるという。

     ネイチャー誌に掲載された報告書の要約にはこう書かれている。「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域がいくつもある。一度限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

    「今世紀の終わりまでに、この地球が現在とはまったく異なる環境になっている可能性は極めて高い」と、報告書に携わった専門家の1人、アンソニー・バーノスキーは科学ニュースサイト「ライブサイエンス」に語った。

    人間が生き方を変えるしかない

    「窮地に追い詰められた」人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろうと、バーノスキーは言う。ただし生活の変化には「相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」

     科学者たちは希望を失ったわけではない。国連環境計画(UNEP)のアヒム・シュタイナー事務局長は記者会見で、今回の報告書を「告発」として受け止めるべきだと語った。

    「この報告書で指摘されているように私たちは無責任な時代を生きている。(この種の報告書が初めて発表された)1992年にも、将来起こり得る変動が指摘された。それから20年後に発表された今回の報告書では、予測された数々の現象が現実になったことが証明された」

     人類はもう「生き方を変える」より他に選択肢がない地点に来たのだと、スタイナーは続けた。「針路を変えることは可能だ。違う方向に向かうことはできるはずだ」


    From GlobalPost.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 2

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

    • 8

      文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

    • 1

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

    • 2

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 3

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 4

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴ…

    • 5

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 6

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来