Newsweek

中国

謎の男、習近平をめぐる物騒な噂

クリントン米国務長官との会談をドタキャンし、「刺された」説も流れた習の素顔は秘密のベールに包まれてきたが

2012年11月9日(金)15時49分
長岡義博(本誌記者)

    [2012年9月19日号掲載]

     中国共産党はこの秋、5年に1度の政治の季節を迎える。18回目となる党大会が開かれ、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席から習近平(シー・チーピン)副主席へとトップの座が継承されるのだ。権力交代に伴い、人事をめぐる最高指導部内の駆け引きも激しさを増している。先週、習が取った前例のない行動はその兆候かもしれない。

     習は今月5日に予定されていた北京訪問中のクリントン米国務長官との会談を直前にキャンセルした。中国外務省は「日程調整上の都合」としか説明していないが、米メディアによれば、習は「背中にけがをした」という。ただ、その原因やけがの程度については不明だ。

     中国の指導者が外国高官との面会を突然キャンセルするのは極めて異例なため、ネットでは「実は習近平は刺された」という情報まで流れた。政府は火消しのために、マイクロブログで「背傷(背中の傷)」という言葉を検索禁止にした。

     物騒な情報が飛び交うのも、最高指導部である政治局常務委員の新メンバーをめぐり、熾烈な駆け引きが続いているからだ。

     間もなく引退する胡は影響力を残すため、出身母体である共産主義青年団(共青団)派が常務委員の過半数になるよう画策。対抗する保守派がこの動きに反発しているとされる。

     会談のドタキャンは保守派とみられる習による、胡への当て付けなのかもしれない。だとすれば、「刺された」との情報は、習をよく思わない共青団やその周辺から流された可能性がある。

     尖閣諸島(中国名・釣魚島)や南シナ海の領有権問題が米中の火種になっていることから、クリントンとの会談をキャンセルすることで政権移行前の外交上の「失点」を回避した、という見方もある。

     習の素顔はこれまで秘密のベールに包まれてきたが、ウィキリークスが暴いた米外交公電によれば、実は若い頃から中国のトップを目指し、周到に準備を重ねた計算高い人物だという。米国務長官との会談を直前にキャンセルするメリットとデメリットのどちらが大きいか。習は計算ずくのはずだ。

     臆測を打ち消すため中国外務省は、習が今月10日にデンマーク首相と会談する、と国内外メディアに通知した。ただその後、外務省が予定変更をあらためて連絡したとの情報も流れている。もし会談が再度キャンセルになれば──習をめぐる事態は本当に深刻なのかもしれない。

    [2012年9月19日号掲載]

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 5

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 6

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 10

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係